「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の舞台裏

「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の舞台裏

『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編』は、その独自のアプローチと緻密な開発によって、プレイヤーを引き込む新しいゲーム体験を提供しています。本作は、アクションと友情の要素が巧みに融合された、エキサイティングで感動的な冒険を約束しています。

まず、このゲームの最大の特徴は、その独創的なストーリーテリングです。『友情挽歌編』では、主人公と仲間たちの友情と絆が物語を牽引し、プレイヤーはその深化する関係を感じることができます。キャラクターたちの個性的なセリフや感情表現は、プレイヤーに強い共感を呼び起こし、物語に一層の臨場感を与えています。

ゲームプレイにおいても、緻密なデザインが光ります。操作性が洗練されており、特にアクションシーンではスムーズな動きが可能で、臨場感あるバトルを楽しむことができます。また、ゲーム内のグラフィックやサウンドも高水準で、臨場感ある世界観がプレイヤーを引き込みます。キャラクターのデザインや背景の美麗さは、開発陣のこだわりが感じられ、プレイヤーを没頭させる一因となっています。

ゲームプレイ面では、謎解きやアクションが織り交ぜられ、飽きることなくプレイを進めることができます。ボリュームも十分で、サブクエストや隠し要素も用意されており、コンプリーションを目指すプレイヤーには十分なやりこみ要素があります。ゲーム内でのキャラクターたちとのコミュニケーションも成長や変化が感じられ、プレイヤーは物語に一層引き込まれることでしょう。

ヒントとコツについては、特にバトルにおいて戦略の立て方が重要です。キャラクターそれぞれが持つ個性的なスキルや特性を最大限に活かし、連携プレイが求められます。また、物語の中で得られる情報やアイテムが、後のストーリー進行やバトルで重要な役割を果たすことがあるので、細心の注意が必要です。

総じて、『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編』は、そのストーリー、キャラクター、ゲームプレイの三位一体で、プレイヤーを没頭させる魅力があります。開発陣の情熱と工夫が随所に光り、プレイヤーに感動と興奮を与えてくれることでしょう。友情とアクションが交錯するこのゲームは、ゲームレビュー経験者である私自身も、心からおすすめできる作品の一つです。

 

「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の感動ストーリー

型式名
オニハマバクソウグレンタイ3S
メーカー名 ベルコ(メーカー公式サイト)
ベルコの掲載機種一覧
機械割 97.3% 〜 113.0%
導入開始日 2013/04/15(月)
機種概要 4号機時代からブッこんだ出玉性能で多くのファンを持つ「鬼浜」シリーズ。リュウジたちお馴染みのチームとキョウスケ率いるハーデスの抗争が今作は展開。
1ゲームあたりの純増約2.8枚を誇るAT「狂乱麗舞」突入が勝利の足がかりとなり、メインの突入契機は擬似ボーナス中の抽選。突入後はゲーム数とセット数上乗せ、継続率抽選とブッこんだ展開が待つ。擬似ボーナスは規定ゲーム数、チャンス役、鬼メーターにより当選する。

 

BG中のキャラ紹介

●ラブラブパターン
リュウジ→アイ→ハヤト→ユイ→ダイゴ→むち子→ノブオ→アキラ

●ライバルパターン
キョウスケ→リュウジ→レオ→ハヤト→ジェイ→ダイゴ→ギンジ→ノブオ

4人目のアイ登場は高設定に期待が持てる。また、後半にむち子→アキラ→アイ→ユイが登場するパターンは高設定期待度特大。ラブラブ&ライバルパターンや翔の登場は天国否定で設定4・5・6、或いは設定6が確定する。

特攻&男ボーナスでの「連打」回数

●役モノ告知成功時 「連打」回数選択率
・33回
設定1…12.5%
設定2…14.1%
設定3…15.6%
設定4…17.2%
設定5…18.8%
設定6…21.9%

・44回
設定4…1.6%
設定5…1.6%
設定6…1.6%

・55回
設定5…0.8%
設定6…0.8%

・66回
設定6…0.8%

・その他
設定1…87.5%
設定2…85.9%
設定3…84.4%
設定4…81.3%
設定5…78.9%
設定6…75.0%

特攻&男ボーナス時に役モノ告知を選択すると、「連打」回数で設定が示唆されることがある。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.3%
設定2… 98.8%
設定3…100.4%
設定4…104.2%
設定5…108.2%
設定6…113.0%

icon

天井・ゾーン・ヤメ時

狙い目ゾーン・天井・ヤメ時

狙い目・ゾーン狙い

●384G以内の狙い目ゲーム数
・1G〜128G
・193G〜256G
・321G〜384G

●384G以降の狙い目ゲーム数
・385G〜448G
・513G〜576G

●天井狙い目ゲーム数
・ボーナス&AT後500G以上ハマっている台

天国抜け直後の台は天国準備滞在の可能性が低いので、384G以内の期待度は低い。狙い目は129G〜384G以内に連続で当選している台。

天井突入条件

ボーナス&AT間、最大990Gでボーナスに当選。

天井恩恵

ボーナスに当選(25%でAT・狂乱麗舞に直撃当選、その際は鬼神乱舞or鬼メダルゾーンに必ず突入する。約50%で極限突破・特化ゾーンが高確率でループ)。

リセット仕様

リセット時
天井までのゲーム数…クリア。
モード…再選択。
抽選状態(高確・低確)…再選択。
液晶の背景…屋上ステージ。

電源OFF/ON時
天井までのゲーム数…引き継ぐ。
モード…引き継ぐ。
抽選状態(高確・低確)…引き継ぐ。
液晶の背景…屋上ステージ。

天井

規定ゲーム数によるボーナス当選

●5つのモードで管理
通常A…天井990G
通常B…天井768G
天国準備…天井384G
天国…天井128G
超天国…天井128G

●狙い目ゲーム数
1~128
193~256
321~384
513~576
705~768
961~

天国モード以上は128G以内のボーナス当選が確定。他のモードにはチャンスゾーンが存在するので、これらのゾーンを狙い打てば投資を軽減できる。なお実戦上、設定6は384Gを抜けにくいので、天国準備が選ばれやすいと考えられる。

ヤメ時・狙い目

ゲーム数・モード・内部状態

規定ゲーム数によるボーナス当選

●5つのモードで管理
通常A…天井990G
通常B…天井768G
天国準備…天井384G
天国…天井128G
超天国…天井128G

●狙い目ゲーム数
1~128
193~256
321~384
513~576
705~768
961~

天国モード以上は128G以内のボーナス当選が確定。他のモードにはチャンスゾーンが存在するので、これらのゾーンを狙い打てば投資を軽減できる。なお実戦上、設定6は384Gを抜けにくいので、天国準備が選ばれやすいと考えられる。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方

左リール枠上or上段に特攻絵柄もしくは赤7を目押し。角チェリーが停止したら残りリールにチェリー、上段or下段にスイカが停止したら中リール(右リールはフリー打ちでOK)にスイカを狙えば完了。

icon

解析情報通常時

内部状態関連

状態移行率

●通常1→通常2移行率(トータル)
設定1…1/112.4
設定5…1/89.9
設定6…1/85.1

●通常2→高確移行率(トータル)
設定1…1/109.7
設定5…1/88.2
設定6…1/83.5

状態昇格期待度が高いのは弱チェリー、スイカ、共通メットの3役で、設定5&6は通常1→通常2、通常2→高確への移行率が優遇されているのが特徴。高確滞在時は共通メットが超高確への移行契機となるが、その昇格割合は1.56%と極めて低い。なお、状態転落契機は通常リプレイで、移行率は全設定共通。転落時は例外なく1段階ずつ移行する。

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~(パチスロ)設定判別・天井・ゾーン・解析・打ち方・ヤメ時

「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の謎と冒険

レビュー1: 草野悠太(評価: 4.3/5.0)

『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編』は、非常にユニークでエキサイティングなゲーム体験を提供しています。まず、ゲームの特徴として挙げられるのは、その緻密なストーリーテリングとキャラクターたちの深い絆です。友情の力が物語を牽引し、キャラクターたちの成長がプレイヤーに感動をもたらします。ゲームプレイ自体もスムーズで、アクション要素が満載。特に連携プレイが要求されるバトルは緊張感があり、戦略の立て方が重要です。このゲームは、新しい冒険と感動を求めるプレイヤーにオススメの作品です。

レビュー2: 田中隆之(評価: 4.9/5.0)

『友情挽歌編』は、私がプレイしたゲームの中でもトップクラスの作品でした。まず、驚くべきグラフィックとサウンドがプレイヤーを没頭させます。キャラクターたちの表情や背景の美しさは圧巻で、ゲーム内での冒険が一層楽しくなりました。ゲームプレイにおいては、バトルの戦略性が光ります。仲間たちとの連携やスキルの組み合わせが重要で、戦術を考える楽しさがあります。物語にも深みがあり、感動的な展開に胸が熱くなりました。全体的に、このゲームは期待を上回る素晴らしい体験を提供してくれるでしょう。

レビュー3: 山口健太郎(評価: 3.8/5.0)

『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編』は、友情とアクションが織り交ぜられたゲームで、一風変わった冒険が楽しめます。ゲームプレイにおいては、バトルの難易度が程良く、キャラクターごとのスキルを駆使して戦うのが楽しい一方で、時折コツのようなものが不足している感もありました。ストーリーは感動的でしたが、一部キャラクターの掘り下げ不足が気になりました。グラフィックとサウンドは良好で、臨場感ある世界観がプレイヤーを引き込みます。総じて、このゲームは友情やアクションが好きなプレイヤーにはおすすめできる作品ですが、もう少しバランスが調整されていると良かったと感じました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です