「押忍!番長3 燃え上がる青春の物語」

「押忍!番長3 燃え上がる青春の物語」

タイトル: 「熱血!『押忍!番長3』 – 青春と友情が交錯する新たな冒険」

近年、押忍!番長シリーズはその独自のスタイルで日本のゲーマーたちを引き込んできましたが、『押忍!番長3』はその系譜を受け継ぎつつも、新たな興奮と感動をもたらす成功作です。私がこのゲームをプレイし、その魅力に迫るために、以下で本作の開発、特徴ゲームプレイ、およびプレイヤーに向けたヒントとコツについて詳しく語ります。

1. 開発の意図:

『押忍!番長3』の開発陣は、シリーズのファン層を拡大しつつも、独自のアイデンティティを保持することを意図していました。この意図は、従来のストーリーテリングと、新たなキャラクターたちの深い人間ドラマが見事に融合されています。開発者たちは、プレイヤーに感動的な冒険を提供すると同時に、シリーズの伝統を守りつつも進化させることに成功しました。

押忍!番長3の筐体画像

2. ゲームの特徴:

本作の特徴は、その圧倒的な熱気とリアルなキャラクターデザインにあります。キャラクターたちの表情や仕草は、まるで実際にその場にいるかのような臨場感を生み出しています。また、豊富なサブクエストや隠し要素も存在し、プレイヤーは新しい発見と挑戦に満ちたゲーム体験を楽しむことができます。

3. ゲームプレイ:

ゲームプレイはシリーズお馴染みのアクションと戦略が融合したもので、プレイヤーは広大なマップを探索しながら仲間たちと協力して強力なボスとの戦いに挑みます。新たな武器やスキルの獲得が進行に影響を与え、プレイヤーは戦略を変えながら成長していくことが求められます。

4. ヒントとコツ:

最初のヒントは、キャラクターたちとの深い絆を築くことです。仲間たちとの信頼関係が深まると、新たなスキルやサポートが得られ、戦闘が有利に進行します。また、慎重な探索が報われることも多いので、マップ上の隅々まで足を運ぶことをお勧めします。

また、戦略的な敵の選定も重要です。ボス戦では、相手の特性や弱点を把握し、最適な武器やスキルを選択することが勝利への鍵となります。プレイヤーは慎重にリソースを管理し、戦術的なプレイが求められます。

まとめ:

『押忍!番長3』は、その壮大なストーリー、迫力満点のアクション、深化したキャラクターたちとの交流が絶妙に組み合わさり、シリーズファンにとっては新たな感動を、初めてのプレイヤーにとっては魅力的なゲーム体験を提供しています。開発者の熱意が込められた本作は、押忍!番長シリーズの新たなる頂点を切り拓くことに成功したと言えるでしょう。

「押忍!番長3 新たなる冒険の始まり」

型式名
押忍!番長3/A5
メーカー名 大都技研(メーカー公式サイト)
大都技研の掲載機種一覧
機械割 98.2% 〜 119.3%
導入開始日 2017/04/03(月)
機種概要 「押忍!番長3」はベルの規定回数でも対決に発展するなど、ベルが勝利の鍵を握る。出玉増加の肝となるセット数管理型のART「頂JOURNEY」は、1Gの純増約2.0枚。初当りは基本的にARTスタートとなり、通常時の番長ボーナスはART確定だ。
ボーナスやシリーズ機でもおなじみの引き戻しと絶頂も搭載。ベルによる新要素を加え、「漢気ループ」を超えた「漢気アクセル」が、番長をさらなる高みに押し上げる。

通常時は5種類のステージが存在、夜に近づくほど高確や対決発展のチャンス! 対決に勝利すれば「番長ボーナス」or「頂JOURNEY」へ。いずれもARTだが、通常時から「番長ボーナス」当選は高設定への期待が高まる。 「頂JOURNEY」中の対決演出勝利は滞在ステージに応じてセット数のストック獲得or「番長ボーナス」当選となる。 「超番長ボーナス」は状態を問わず抽選をしており、当選すれば340枚を超える払い出しとART確定、さらに7揃いのたびにセット数をストックする。

設定差のある小役確率

設定差があるのは共通ベルとチャンスチェリー確率。

共通ベルCは通常時もカウント可能だが、共通ベルAとBはART中しか判別できない。

 

●共通ベル確率
番長3共通ベル確率設定差

※共通ベルC…左リールベル/弁当箱/ベルからのベル

ARTセット開始画面

番長3ARTセット開始画面スウィートVer.パネル

セット開始画面にスウィートVer.パネルが表示されると設定6確定。

出現割合は設定6の0.2%と低いが、セット継続のたびに表示される可能性がある。

 

●スウィートVer.パネル出現割合…セット継続時の0.2%(設定6のみ)

4種類の前兆のパターンのうち、パターン1とパターン2で勝利すると高設定の期待度が高まる。

対決の強制逆転抽選

ベルとレア役から直接突入した特訓からの対決と、特訓非経由での対決敗北時に強制逆転抽選をおこなう。

当選時は敗北後に特訓を経由といった形を取らず、必ず当該の対決で勝利が告知される。

 

●強制逆転抽選当選率
番長3強制逆転抽選当選率

高設定ほど当選しやすいが、そもそも勝利していた対決や対決中の小役で逆転した場合との区別は付かないため、ハッキリと確かめることはできない。

狙い目・ゾーン狙い

ベル15〜17回、30〜32回、39回〜が規定ベル回数になりやすいので、この直前くらいが狙い目。

天井突入条件

通常時に規定回数のベルを獲得(最大200回)。

天井恩恵

ARTに突入。

リセット仕様

設定変更時はベルの天井回数が128回に短縮。

設定変更時の10%で初回対決勝利かつ、80%ループと25%ループがそれぞれ1:1で選択される。

ヤメ時

ART後、前兆の有無や内部状態を確認してヤメ。カウンターの色が変化していれば対決まで打つのもあり。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

通常時の打ち方

「最初に狙う絵柄」
番長3 通常時の打ち方

左リール枠上〜上段付近にBARを狙う。

チェリー停止時は、中右リールに2連7を狙うことでチャンスチェリーを判別できる。

スイカ停止時は、中右リールにもスイカを狙おう。

 

 

「BAR中段停止時」
番長3 通常時の打ち方

BAR狙い時の基本となる停止形。

中右リールはフリー打ちでOKだ。

 

 

「チェリー停止時」
番長3 通常時の打ち方

成立役はチェリーorチャンスチェリー。

チェリー上段停止時は中右リールはフリー打ちでも損をすることはないが、2連7を狙えばチャンスチェリーを判別できる。

 

 

「弁当箱停止時」
番長3 通常時の打ち方

成立役はベルor弁当箱or強弁当箱orチャンス目。
中右リールに弁当箱を狙う。

 

 

「小役の停止例」
番長3 通常時の打ち方

本機はMBを搭載しており、MB停止時はリールの枠が白く発光。

MB後の1Gはベル、チャンス目、チェリーのいずれかが成立する(ベルとチャンス目は10枚、チェリーは1枚の払い出し)。

共通ベルの見分け方

左リール枠上付近にBARを狙っていれば、ベルの種類を判別可能。

ただし、左リールベル/弁当箱/ベルからのベル(共通ベルC、MB中ベルB)は、BARを枠上よりも上で押していないと見分けられない。

 

 

「共通ベルA:右上がりor下段揃い」
番長3 共通ベルの見分け方

中段BAR停止から右上がりor下段に揃う。

ただし、下段揃いは押し順ベルの可能性もある。

 

 

「共通ベルB:中段揃い」
番長3 共通ベルの見分け方

上段BARからの中段揃いが共通ベルB。

共通ベルAと同様に、押し順ベルの可能性もある。

 

 

「共通ベルC:ベル/弁当箱/ベル停止」
番長3 共通ベルの見分け方

対決中に引けば勝利期待度アップ。

 

 

「MB中ベルA:斜め or小V or 小山型」
番長3 共通ベルの見分け方

 

 

「MB中ベルB:ベル/弁当箱/ベル停止」
番長3 共通ベルの見分け方

共通ベルCと同様に、対決中に引けば勝利期待度がアップする。

朝イチ・宵越し

設定変更時の抽選

「設定変更時の恩恵」

・ベル天井回数が128回に短縮

・約10%で初回の対決で勝利

・上記の抽選で勝利時の50%でARTストックを80%ループで獲得

 

番長3設定変更時の恩恵

約10%の抽選に受かっていれば、1回目の対決はベル回数とレア役のどちらの場合でも勝利確定。

この勝利は対決(敗北)→特訓→対決(勝利)といった流れとはならず、最初の対決で必ず勝つため、朝イチ1回目の対決で勝った場合は80%ループに期待できる。

ちなみに、80%ループ非当選の場合は、25%ループでARTストックを獲得する。

 

 

「設定変更時の内部状態とモード」

内部状態は低確確定。

モードは4種類の中から均等に(25%ずつで)選ばれる。

 

[50%でベルの規定回数を再抽選]

設定変更時は、50%でモードとベルの規定回数を再抽選。

残りの50%は前日を引き継ぐ。

前日のモードとベルの規定回数を前日から引き継いでいた場合でも、前日がゾーン内だった場合などは対決に発展する可能性があり、この場合は設定変更か否かの見極めは困難。

逆に、前日を引き継いだ場合は対決に発展しないことが多いため、発展しなくても設定変更の可能性が0になるわけではない。

MB中も超番長ボーナスが成立する可能性あり!

 

共通ベルCとMB中ベルBは、左リールの枠上にBARを狙った際の左リールベル/スイカ/ベル停止からのベル。

対決中の逆転抽選が優遇されているため、対決中も意識して目押しをしていると面白いかもしれない。

対決中のベル

番長3対決中ベル

対決中はベルでも逆転抽選をおこなっており、共通ベルCとMB中ベルB(左リールベル/スイカ/ベル停止からのベル)は、その他のベルよりも勝利期待度が優遇されている。

もちろん、目押しをしなくても抽選は受けられているため、フリー打ちでも問題はない。

ベルを引いた際の逆転期待度は20%以上となっているが、この数字に目押しで判別できるベルは含まれていないため、対決中にベルが成立した際の逆転期待度はさらに高い。

内部状態移行率

内部状態は通常と高確2種類あり、高確中はレア役での対決当選率がアップ。

弁当箱成立時に高確への移行抽選をおこなう。

 

●弁当箱成立時・高確移行率
番長3高確移行率

偶数かつ高設定ほど、高確に移行しやすい。

 

●高確移行時のゲーム数振り分け

モード概要

通常時は、4種類のモードによって対決発展までのベルの規定回数が変化。

モードによってアツい回数が異なり、リール右のカウンターにイナズマが発生している間は期待度が高い。

規定回数到達時に、次回のモードとベル規定回数を決める。

 

「モードと特徴」

[通常A]

・基本的に滞在するモード

・ベルの規定回数は64回

 

[通常B]

・移行先は通常Bのまま or 対決連チャンのどちらか

・ベルの規定回数は64回

 

[チャンス]

・早い対決発展に期待ができるモード

・ベルの規定回数は64回

 

[対決連チャン]

・ベル7回以下での対決発展確定

・ベルの規定回数は7回

 

 

「モード移行イメージ」
番長3モード移行イメージ

通常Aからでも30%以上で対決連チャンへ移行。

通常Bからは、対決連チャンへ移行するまで他のモードに移行しない。

対決敗北時の抽選

押忍!番長3『対決突入打法』

通常時の対決敗北時は、ART初当り時に豪遊閣からスタートする抽選をおこなう。

特訓経由時に比べ、非経由時の対決敗北時の方が期待度が高い。

 

「押忍!番長3 胸躍る友情と絆の輝き」

田中健太(評価:4.5/5)

『押忍!番長3』は、シリーズのファンとして期待していた以上の興奮をもたらしてくれました。ゲームプレイの特徴として、広大な都市を自由に探索できる点が素晴らしいです。マップ上に点在するサブクエストや隠しアイテムは、新たな発見に胸を躍らせました。仲間たちとの絆を深めながら、強力なボスとのバトルに挑む様子は、シリーズならではの熱さを感じました。唯一の改善点は、一部のキャラクターのセリフがやや長いこと。しかし、それでも全体の雰囲気を台無しにするほどではありません。総じて、期待を裏切らない素晴らしいゲームでした。

佐藤直樹(評価:4.2/5)

『押忍!番長3』は、そのアクションとストーリーの絶妙なバランスに驚かされました。ゲームプレイの中で目立つのは、キャラクターごとの異なる戦略が要求される点です。仲間たちとの連携や特殊スキルの使用が、戦局を大きく左右します。また、豊富な武器やアイテムのバリエーションもプレイヤーに戦略的な選択を迫り、これが非常に面白い要素となっています。ゲーム内で得られる感動的な瞬間が多く、シリーズのファンにはたまらない一作となっているでしょう。

3山口悠太(評価:4.8/5)

『押忍!番長3』はまさに期待通りの進化を遂げた作品であり、私はこれまでのシリーズでもっとも没頭できるゲームだと感じました。特にゲーム戦略の奥深さには感動しました。ボス戦では敵の特性や弱点を見極め、適切な武器とスキルを組み合わせながら戦うことが必要です。これが非常に緊張感を生む一方で、勝利の喜びもひとしおです。グラフィックや音楽も素晴らしく、ゲームに没頭するうちに、まるでその世界に引き込まれているような感覚に陥ります。わずかな改善点を除いて、これは素晴らしいゲームで、おそらく今後も何度もプレイすることになるでしょう。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です